理想の住まい

白いマンション

戦後、日本では都市部の多くが焼け野原と化し、課題の一つとして住宅を建築し、家がない人に住宅を行きわたらせることでした。ただ、現代とは時代背景が違い、住宅建設に従事する人材の確保が難しかったのです。そこで、できるだけ簡単に建設できる住宅として公営住宅という集合住宅を建設するに至ります。 やがて家のない人達に住宅が行きわたると、今度は都心部に人が増えてきます。やがて、経済成長をすると人々の生活も少しずつ贅沢になり、一戸建て住宅を欲しがる人が増えてきました。今の平均的な住宅よりも狭いとはいえ、当時の人にとっては一戸建て住宅は贅沢な住宅だったのです。やがて自分の思い描いた住宅に住みたいという人が増え、注文住宅が建設されるようになりました。

では、注文住宅のメリットとデメリットはどうでしょうか。注文住宅を購入する以上はそのどちらについても知っておく必要があります。 まず、メリットは自由設計ができるという点です。書斎が欲しい場合には書斎を、屋根裏部屋が欲しい場合には屋根裏部屋を自由に設計図に描くことが可能です。 また、満足感も高いのが特徴です。人が設計したものを購入するよりも、自分がイメージした住宅が出来上がるほうが、満足感は大きいのは間違いないところです。 これに対して注文住宅のデメリットはその価格です。自由設計や出来、素材や設備までも自由に選べるということは、価格の面で分譲住宅に比べると高くなってしまうことは覚悟をしておかなければならないのです。